消費税の表記に関するご連絡

ゴルフ練習場の検索ならゴルフィールド【Golfield】HOME > ゴルフ用語集

ゴルフ用語集

さ行のゴルフ用語

サンドウェッジ(Sand wedge)

主にバンカー(砂)から打球するためのクラブで、いわゆるアイアンの1種であり、ウェッジと呼ばれるクラブの1つである。9番アイアンよりもさらにソールが倒れていて、ボールを当てる面が上を向いている。砂地からのスイングに用いることを意図されており、砂の抵抗に負けないような工夫がなされている場合が多い。
プロゴルファー ジーン・サラゼンとウイルソンとでの共同開発によって発明された。

このページのトップへ

芝の目

グリーン上のボールの転がり方は、起伏だけではなく「芝の目」にも影響される。芝の目は、芝が太陽や水の方向に伸びることによりできる。コウライ芝は、ベント芝よりも目がきつめである。

シャフト(Shaft)

クラブは、ヘッド、シャフト及びグリップの各部分から構成される。
ヘッドとグリップの棒状の部分がシャフトにあたる。最近では、従前のヒッコリー(木製)シャフトから変化し、ステンレス製や繊維強化プラスチック製のものが採用されている。

シャンク(Shank)

フェース(ボールを打つ面)の根元に当たり右に飛び出すボール。油断をしていると大変危険なので気をつけなければならない。=ソケット。

修理地

芝が剥げていたり、水が溜まっていたり、また、配水管工事などをやっていたりしている場所で、青杭や白線などで囲ってある部分。ここに入ってしまったら、罰無しでピンに近づかない最短の場所へ出してプレーすることができる。

ショートコース(Short Course)

ミニコースなどといい、パーが低めに設定されていたり、9ホールまでしかないゴルフ場。練習場所として使われることが多く、気軽に行ける。

ショートホール(Short Hole)

パー3のホールのこと。よく「ショート」と略される。ロングホール(パー5)に対しての呼び名。また、パー4のホールを「ミドル」と言うが、これは和製ゴルフ英語である。

ショット(Shot)

ボールを打つこと= 打撃。

シングルプレーヤー(Single Player)

ハンディキャップが一桁のプレーヤー。

このページのトップへ

スキンズマッチ(Skins Match)

数人でマッチプレーをして、各ホールのトップ一人が賞金をもらえる。ただし、トップタイが二人以上いる場合は、賞金は次のホールへ持ち越して次々と足されて行く方式。最終18ホールでの引き分けはもう一度サドンデスになり、1ホール戦となる。普通のマッチは引き分けると賞金は無しになる。

スクラッチ(Scratch)

「スクラッチプレーヤー」といえば、ハンディがゼロのプレーヤーのこと。滅多にお目にかかることはなく、一般に「スクラッチでね」というと、「ハンディなしで勝負」という意味で使われる。

スコアカード(Score Card)

ラウンドのスコアをつけるカード。たいていの場合、キャディマスター室の前に置いてある。また、チェックイン時に渡されるカードホルダーにセットされていることもある。通常のラウンドや、プライベートコンペのときは、自分のスコアをメインに記載するが、正式な競技会では、同伴競技者がそれぞれスコアを付け合い、最後に本人に返して本人のサイン後、提出する。

スコアカード

ストローク(Stroke)

打つ意思をもってクラブを振ること。このスイングが球に当たらないと空振りとなり1ペナルティ。素振りとは異なる。

ストロークプレー(Stroke Play)

18ホールの合計打数で競う競技のこと。合計打数がもっとも少ないプレーヤーが勝者となる。

素振り

ボールを打つ意思をもたないスウィングのこと。個人練習での素振りはとても有意義。空振りとは大きく異なる。

素振り

スルーザグリーン

コース上の、ティーインググラウンド、ハザード、グリーン以外の区域をスルーザグリーン(Through the Green)と呼ぶ。主にフェアウェイ(芝が短く刈り込まれている区域)とラフ(芝が長い状態の区域)からなる。

スロープレー(Slow Play)

ゴルフはスムーズなプレー進行がマナーであり、遅いプレーは同組や後組のプレーヤーのみならず、ゴルフ場やその日の多くのプレーヤーの迷惑になる。なお、スロープレーの原因には、必要以上の素振りや長いボール探し、グリーンの読みすぎやグリーン上のスコアつけ等々があります。

スロープレー

このページのトップへ

セルフプレー(Self Play)

キャディを付けずに、プレーヤーだけでラウンドするプレーの形態のこと。通常プレーヤー1人あたり3〜5千円のキャディーフィーが必要なので、ポケットマネーでプレーするゴルフプレーヤーには受けている。

前進4打(Playing4)

一般的には、第1打がOBになった場合、再度打ち直しても再びOBになる危険性があるホールにおいて、連続OBはスムーズなプレー進行の妨げになるので、ローカルルールとして第1打が飛んだ程度と思われるところにあるティーマーク(特設ティといい、黄色が多い)から第4打目として打たせること。すなわち、OBの後に打った第3打目がうまく飛んだという前提で前に進めることになる。本来のゴルフ精神からは外れるが、正式な競技以外の場合は許容範囲内とされている。また、ショートホールではグリーン横などからの前進3打(プレイング3)などという救済措置もある。

このページのトップへ

サイト内検索

茨城 新東京ゴルフ
タイムジップス24

広告

GOLFZON ACADEMY

Golfield スタッフブログ

ゴルフトゥディ

ゴルフ練習場検索サイト「ゴルフィールド(Golfield)」は、全国のゴルフ練習場やスクール・レッスン、ショートコース、シミュレーションゴルフの検索、ゴルフ用語集など、ゴルフ練習に関わるゴルフの最新情報をゴルフ初心者、これからゴルフを始めたい女性の方にもわかりやすく掲載しています。

全国ゴルフ練習場一覧